ベッドと女性

快適な眠りが欲しい……。

睡眠の質を高めるためには日々の生活習慣が重要になってきます。
私もいろいろやってはいるのですが、どうもなかなか寝付けないことが多くなっています。

家族がいるのも大変!

わが子

原因は夜寝る前になってから、家族が問題を持ち出してくるからです。
もっと早い時間帯に言ってくれれば、睡眠に悪影響を及ぼさずに済むのですが、それが困ってしまっています。

寝ながら解決策をあれこれ考えているうちに、リラックスモードはすっかり無くなり、体は疲れているのに頭が冴えて眠れなくなってしまいます。

問題が解決して、心がスッキリしないと、なかなか睡眠モードにはなれません。
布団に入ってから、あれこれ考えてしまい、気が付くと2時間くらい経ってしまいます。

その頃になると、かなり問題の解決方法は見つかっていて、徐々に体が眠りの状態になっていき、気が付くと眠っていることが多いようです。

しかし、先日は午前2時まで眠れなかったこともありました。
自分でいくら生活習慣を改善して、睡眠に悪影響が出ないようにしていても、家族の影響が原因だとどうしようもありません。

病気を抱えていることもあり、は強く言えないでいます。
そのため、自分で早めに問題を解決していくしかないのだと思います。

何らかの原因で眠れなくなってしまった時は、逆に起きてしまい、先にできることをやってしまうというのも一つの方法です。
さらに最近知ったことですが、午後のカフェインが夜の睡眠に影響を及ぼしているらしいです。

そこで、今日から午後はカフェイン飲料を飲まずに、ノンカフェイン飲料を飲むことにしました。
久しぶりにハーブティーを飲んでいますが、美味しくてまたハマりそうです。

これから初夏を迎え、徐々に暑くなっていくので、冷たいハーブティーは美味しく感じると思います。
特にミント系のハーブティーは清涼感たっぷりで、熱くなった体を適度に冷やしてくれると思います。

良い睡眠で作業効率をアップ

ベッドと女性

睡眠が充実していると、昼間の作業も捗ります。
逆に睡眠不足になってしまうと、朝から頭が上手く働きません。

その為、最近は午前中に栄養ドリンクを飲む習慣が付いてしまっています。
比較的午後は眠気が少なく、作業もしやすいと思います。

私はできるだけ昼寝と称して仮眠を取るようにしていますが、この睡眠の方がリラックスして眠れるようです。
やはり、精神的ストレスがなければ良く眠れるのだと思います。

今後は部屋の暑さ対策が重要になってきます。
暑すぎる部屋に長時間居れば、当然のように熱中症になってしまうでしょう。

しかし、夜は窓を開けておくと比較的涼しく、今の時期は寒いくらいで、逆に風邪を引きそうです。
夏もかなり涼しくなるので、冷房はあまり利用しなくて済みます。

部屋の窓が東向きにあるので、早朝から日差しが部屋に差し込んできます。
最近はカーテンを開けて、部屋の照明を消して寝ているので、夜は外の明かりだけで眠るようにしています。

日の出よりも前に外は明るくなってきます。
先日、たまたまその頃に起きて時計を見たら、まだ午前3時台でした。

夏至が近づいているので、まだまだ日の出は早くなりそうです。
特に晴れの日は早朝から日差しがかなり眩しいです。

そして午前7時には部屋の温度が30度になることもあります。
暑くて目が覚めてしまうこともしょっちゅうです。

昼間と夜間の気温差があり過ぎるので、服装の調整や部屋の温度管理が難しいです。
それでも冬に比べれば、服装も軽装になってきているので、着替えが随分楽になりました。

また、洗濯物を干してもすぐに乾くので、いろいろな物を選択できるようになりました。
冬物の洗濯もあと少しになりました。

晴れて時間がある時に、最後の冬物の洗濯を行おうと思っています。
私は普段から外に洗濯ものを干す習慣がないのですが、今の時期はどこに干してもすぐに乾くので有り難いです。

洗濯物のお日さまの香りも欲しいところですが、それよりも蜂の被害の方が怖いので、外には干さないようにしています。

布団も良く干した布団は、お日さまの香りがします。
しかし、お日さまの熱が布団に籠り過ぎて、なかなかその熱が取れないこともあります。

寝具の選び方も睡眠の質に影響してきます。
今はまだ毛布を使っていますが、時期にそれも暑くて使えなくなるでしょう。

夏冷えしないように、寝具や就寝着にも気を配りたいと思っています。
そして、毎日快適な眠りに就けるようになっていきたいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です