洗濯物

洗濯物に考えさせられる

まだ入梅していない五月晴れの今日。大物の洗濯物たちに手をつけてみた。
ふとんカバー、敷きパッド、各部屋のカーテン…とりあえず一度に干せる
数には限りがあるので、
「これはココ。あれはあのスペースで、こんな風に干せばOK!」
など、シミュレーションしながら洗濯スタート!

部屋の掃除と洗濯もの

洗濯物

パンパンになった洗濯機が、ゴォ~ンゴォ~ンとがんばる音が響く中、
カーテンを外して丸裸になっている窓とサッシをピカピカに磨く。
古い歯ブラシを使って、年末大掃除並みに掃除に取り組むこと、約50分。
窓がキレイになり、洗濯機からは「お~い、洗えたよ~」の電子音が聞こえてきた。

さっそくキレイに洗いあがった大物の洗濯物たちを広げて、シミュレーションした
通りに干していく。
しわを伸ばしながら、効率よく乾くように、「パーンッ」と音を立てながら、
洗濯洗剤のCMのように広げて干していく。
今まで、わざわざ人に言ったことはないが、実はこの地道な作業がスキ。
今日は、たくさんあるから、ちょっと興奮気味(笑)に作業を繰り返して、
どんどん干していく。
一枚干すごとに、うっとりと洗濯物を眺めてご満悦。

無事に、シミュレーション通り洗濯物を干し終え、大満足の瞬間。
ものすっごい偉業を成し遂げたような(笑)この充実感、あ~もうっ たまらないっ!!

ベランダで、たくさんのお日様を浴びて、ゆらゆら揺れてる洗濯物たちを眺めながら、
これまたベランダ菜園にあるミントの葉をちぎって、フレッシュミントティーを飲む。
…至福の時。

ところで、洗濯物を見るのが好きな人ってどのくらいいるんだろう?
グルグル回っている洗濯機の渦を見るのが好きな人は、よく話題にもなるから、
結構いるものなんだろうけど、風になびく洗濯物をつまみにお茶を飲むのが至福の時、
って人はどの位いるんだろうか?
もし、身近にいたら一緒にお茶が飲めるのにな~
ん?でも、自分の洗濯物を見られるのは、ちょっと嫌かも?
となると、他の人と「風になびく洗濯物を眺めるのがスキ」ということを共感できても、
一緒に分かち合って、お茶を飲みながら眺める…ということは無理なのかもしれない。
…ここまで掘り下げていて気が付いたけど、「他人様が干した洗濯物は、こんな風に愛着を
もって眺めることは出来ないかもしれない」という事実。

やはり、洗濯物は自分が普段から愛用しているものであり、生活の一部になっているもの。
そのモノたちに、「いつもお疲れさま。いつもありがとう。」の気持ちを込めて、丁寧に
キレイにしてあげて、そしてキレイになった姿が誇らしく感じるから、風になびく洗濯物
たちがキラキラ輝いて見えて、うっとりするのかもしれないな~

日々に感謝♪

快晴
今更ながら、生活を支えてくれているモノたちに、愛情を感じまくっている自分に気が付いたよ。
何だか、そういう「当たり前になってる」ことに気がつけて、いい一日だな。

キレイになった洗濯物たち同様に、自分の気持ちも少しスッキリした日。
これからも、今日のような大物ではない(笑)、普段のレギュラーメンバーである洗濯物も
作業一つ一つに心を込めて、モノ達への感謝も込めて行っていこうと思う。

洗濯物だけに限らないけど、日々の何気ない行動って、やっぱり一人だけで成立する訳じゃ
ないんだね。…って、洗濯物から飛躍しすぎたかな?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です